大切にしたいこと

自分に与えられた働きの許容範囲を知り、それを越えないことも大切だと思います。

良いと思うこと、興味を抱くことは色々あります。しかし、どれにでも手を出すことが最善とは言えません。本当に私が関わるべきことが何なのかを知り、そこに力を注ぐことが大切です。

多くに手を出し、もし抱えきれなくなった時、助けたいと思って手を差し伸べた相手を犠牲者にしてしまうこともあります。神に祈り、何に関わり何をすべきか、誰に関わることを主が願っておられるのかを祈り聴き求める姿勢がとても大切なのだと教えられました。私自身、本当に大切なことを大切にし続けていけるように気を付けなければいけないと思います。

そして特に次の事を大切にしていきたいと思いました。

・「目の前のひとり」が大切な人だということを忘れないこと。

・現場に行き、人々と一緒に過ごすこと。相手を受け入れる姿勢を忘れずに、知ろうとすること。

そして途中で諦めず、長い時間かけて関わり続けることです。「誰のために生きるのか」という疑問を自らの中に持ち、主からの答えが頂けるよう探し求め続け、それを見いだしたのなら、その人のためにいのちを使う覚悟で関わり続けたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください