ゆもとさゆりのプロフィール

アフリカ・エチオピアでの活動

日本から遠く離れたアフリカのエチオピアで、自分の居場所を無くし、社会の底辺で虐げられているストリートチルドレンの存在を知り、2013年から約1年弱、現地でそのような子どもたちや売春をしている女性達、学校に行けない子どもたちに手を指し伸び続ける支援活動をしているNGOの働きに関わりました。

エチオピアの大自然、そして人々の優しさや心の温かさに魅了され、この国が大好きになりました。

それと同時に、人々が支援から抜け出して、真の「自立」に向かえるように、一緒に歩んでいきたいと思うようになりました。

今後必要になっていく働きについて模索している中で、「仕事を生み出していくこと」の重要性を思わされ、2017年6月から約4か月間、現地調査のために再訪問してきました。

急激な経済発展の渦中にありながら、依然として貧困に苦しむ人々が大勢いるエチオピア。この国の社会の問題に目を留めながら、国を良くしていきたいと願うエチオピアの人々と共に、新たな取り組みに向けて準備をしているところです。